ハプニングバーの醍醐味は寝取り寝取られ

寝取られ

兵庫県明石のハプニングバーに通っています。大久保インターの近くの店です。店の雰囲気がノリが良くて、男性が女性をリ-ドするのに手間暇があまりかからない、手離れが良い店だと評判だったので行くようになりました。

こちらのハプニングバ-というのはほとんどがカップルで訪問します。男性の方はかなり時間をかけて嫌がる相方の女性を説得し、ハプニングバ-への訪問を無理矢理同意させてきていることがほとんどのようです。女性の方から手を挙げてハプニングバ-に行きましょうという女性はまずいないし、いるとすれば余程の性欲過多かお仕事かだと思っていいでしょう。

私はまず一人でこちらのハプニングバーに通っていたのですが、寝取られの願望があったので、嫌がる妻を半年かけて説得して連れ出しました。妻をそういう雰囲気に持っていけるようにあらかじめ知り合いのカップルに頼んでおいて、シカケをしました。最初に私と知り合いカップルの奥様でSEXを早々と始めます。残された私の妻と知り合いカップルの旦那さんには、すぐにHなことはしないで怒っている妻の話相手になってもらい、モチベ-ションを大きくあげてもらいます。「けしからん旦那さんだ」「こんなかわいい奥さんを一人にして・・・」という理解者になりきったふりをしつつ、一歩踏み出すきっかけを作ってもらうようにします。

「やり返してあげないとわからないです、ご主人には」という風な流れに乗せて、妻をSEXモ-ドに持ってゆくのです。それもこれも10歳上の先輩カップルの協力があってのことです。そして妻がSEXモ-ドに入り、全身を愛撫され、フェラチオもさせられ、とどめに挿入されているときには必ず私が見ていることを知らしめることが必要になります。

実はこれは賭けみたいなものではあるのです。主人の前で他人の肉棒を咥えていかされている妻はたいてい拒否しつつも最後はあきらめて大声をはりあげていってしまうことが大半です。結果、夫婦仲は嫉妬ということでさらに強くなり、そのあとSEXしまくりということもありますが、逆にそんなショッキングな体験を後々まで引きずってしまい、離婚にまで至ってしまうこともまれにあります。妻がされているところに旦那さんが顔を出すということは、少しギャンブルなのです。

私の場合はこれが上手くハマり、月に2・3回は夫婦でお店に行くようになりました。
やはり妻を寝取られる事に嫉妬はありますが、そのおかげか今も良好な夫婦関係を保っています。

投稿者:匿名(40代♂)
エリア:兵庫エリア
店名:不明

レポートありがとうございました。

出会い系

ハプバー.comでは体験レポートを募集しております。

こちらのフォームよりぜひ体験談をご投稿ください。
ハプバー・カップル喫茶・SMバー・フェティッシュバー・乱交サークル・スワッピングなどのレポートお待ちしています。
*管理人審査の上、サイト内または姉妹サイト等で掲載させていただきます。

 

↓↓女性はいつでも完全無料↓↓
ハプバーの出会い