フランス パリの意外なハプニングバー事情とは?

パリ

当サイトもついに海外のハプニングバーから掲載依頼が来まして、とてもびっくりしました。
何故なら外国にもハプニングバーがあるということを全く知らなかったからです。
こんなスケベな店が流行るのは日本独自の文化だと思っていたのですが・・・

そんなわけで外国のハプニングバー事情をちょっと調べてみました。
なんでもフランスの首都パリは「恋の街」とうたわれるほど特におさかんなスポットらしいので今回ご紹介させて頂きます。

英紙「テレグラフ」電子版(1月4日付)によると、この調査は、仏国内に住む18歳以上の男女2,000人を対象に行われたもの。
それによると、パリっ子たちのセックスの平均経験人数は19人となり、仏全体の11人より飛び抜けて多いことがわかった。
一方で、「決まったパートナーがいる」と答えた割合は25%となり、仏全土の41%よりも大幅に低い。

また、58%は浮気経験があり、仏全土の48%よりも多かった。
さらに、男性の約66%および女性の約50%は「一夜限りの関係」を結んだことがあると回答。
さらに44%の男性と14%の女性は、「ファーストネームすら知らない相手と性行為に及んだ経験がある」と答えているのだ。
パリっ子たちの性生活は、ただ旺盛というだけではなく、多様性にも富んでいるようだ。

約29%は3Pに興じたことがあり(仏全土では16%)、さらに18%がハプニングバーに出入りし、22%が乱交パーティーに参加した経験があると答えている。
また約44%は、公衆の場でセックスしたことがあるという。

http://www.cyzo.com/2017/01/post_31101_entry.html 引用元

日本では昨今のセックスレスが問題化していますが、さすがフランスです。
どうやらフランス人は「SEXは楽しむもの」という考えが男女とも多く、お互いのフィーリングさえあれば、出会ったその日でも問題なしなんだそうです。
約20%の若者がハプニングバー経験ありというのはある意味納得できる数字ですね。

パリのハプニングバーに行けば、日本よりもよりハードで積極的なハプニングが期待できそうですね!
もし行った経験がある方は体験談もぜひ募集しております。

↓↓女性はいつでも完全無料↓↓
ハプバーの出会い